院長 挨拶

安心できる長持ち治療を目指しています。

加藤 英治 当院の特色は、予後の定期メンテナンスに力を入れ、長持ち治療を謳っているところです。 口腔内の長期的な健康維持には、まずは患者さまご自身がご自分の口腔内の状態の理解を深めていただくことが重要と考えます。 例えば、普段見えない奥歯。実は全身の健康を左右するとても大切な部分ですが、そのリスクは皆さん一人一人違ものです。また、奥歯の虫歯の進行度、歯肉や支える骨の状態次第で、どんな治療が適切なのかも、一人一人違えば、その回復に対しても一人一人の個体差が出てきます。私どもは、長持ち治療の一環として、治療法の選択肢を一人一人の状態にあわせ丁寧にご提示させていただいています。

 奥歯にインプラントを入れるという治療を選んだ場合、当院では、歯の根の部分(フィクスチャー)の埋め込みに関わる治療は10年間。上部の歯の部分については5年間、治療後に離脱した、壊れた、割れたというトラブルにおける金銭的保障をしています。これは”長持ち治療”を標榜する当医院のスタンスであり、この点においては採算性は度外視で対応しております。(別途定める定期メンテナンスを受けていただける方に限ります。)

 CTによる骨の詳細な診断・計画が可能であること。再生治療や研究の実績から、一旦骨がない理由であきらめた方が、当院のインプラント治療を受けるケースがあります。 100%ではないものの、他の医院さまで断られたケースでも対応できることもあります。只、定期的メンテナンスに時間的・地域的にこられない方には、インプラント治療においては、無理なお奨めはしておりません。逆に要求されましても、地元の先生ともう一度ご相談をされるべきというスタンスをもって患者さまとは向き合っております。

 口の中の健康維持は、患者さまの心がけがとっても大切です。私どもとしましても定期的なメンテナンスを通ししっかりサポートさせていただきます。 私どもとご自身の歯をどう長持ちさせるかを向き合ってみませんか? 歯のお悩みがあります方、どうぞお気軽にご相談ください。


加藤 英治 かとう えいじ

Dr. Eiji Kato / 東京都世田谷区生まれ

【略歴】

1985年 東京歯科大卒、同付属水道橋病院総合科勤務
1990年 都内勤務医(医療法人和同会)を経て開業(目黒現地にて)
1995年 医療法人祐清会理事長就任(現港区、目黒区、大田区にて開業)
2000年 ITDN-Tokyo設立・代表就任(Limited Co, 港区)
2004年~2008年 New York University College of Dentistry Coninuing Dental Education Programs
2005年 NYU CDE International Implant Program Certificate of Achievement (Oct. 2005)
2008年 NYU CDE International Implant Program Certificate of Achievement (Oct. 2008)
2007年~2009年 目黒区歯科医師会理事(学術・保険担当理事)
2009年 目黒区歯科医師会学術委員会副委員長
2009年11月 目黒区上目黒1丁目再開発事業にともなう移転開業
2010年~ ICOI Japan Vice President
2011年6月~12年12月 Columbia University(New York) International Dental Implant Course Certificate. (Prof . D. Tarnow)
2011年10月~東京歯科大学有床義歯補綴学講座専攻生
2012年Columbia University(New York)International Dental Implant Course Certificate
2013年〜現在.目黒区歯科医師会学術委員会委員長

【所属学会等】
ITDN‐Tokyo代表(日歯認定生涯研修スタディーグループ)
ICOI (The International Congress of Oral Implantologists) Diplomate
ICOI-Japan専務理事
日本口腔インプラント学会指導医
日本再生医学会(日本組織工学会)代議員
日本歯周病学会会員
バイオインテグレーション学会理事
AO(Academy of Osseeointegretion)会員
東京歯科大学第2073号歯学博士

【賞罰】
2011年10/8 第28回ICOI world congress Table Top Presentation Award受賞
2016年7/8平成27年度日本補綴歯科学会 学会論文賞(第31号)受賞 Eiji Kato, et.al. Retrospective clinical outcome of nanopolymorphic crystalline hydroxyapatite-coated and anodic oxidized titanium implants for 10 years, Journal of Prosthodontic Research, 59 (2015) 62-60  

【インストラクター】
京セラメディカル(POIインプラント・開発部会)
オリンパス・テルモバイオマテリアル(OTB)社
ケーオーデンタル(インプラントセミナー)
マテリアライズデンタルJapan(SIMPLANTサージガイド認定コース)
日本ゴア社(GTR・GBR認定コース)
日本口腔インプラント学会認定100時間コース(口腔インプラント生涯研修センター講師)

スタッフ集合写真
チーム一同でお口の健康を支えます!心よりお待ちしております。











Page top